HP少数派の行動メンテナンスシストレのメリット利益の申告円高乗り切るスマートオプション

FXで円高を乗り切る

 FX取引を行う場合、多くの投資家が利益を得やすいと考える為替相場の状況は、相場が下がっているところで通貨を買い、円安方向に進んで相場が上昇したところでこれを売って利益を得るというものになるでしょう。
また、ここから考えられる損失を被るパターンは、相場が下がった時点で上昇を予測して通貨を買い、そのまま円高方向に進む下降相場になってしまい、リスクがどんどんと大きくなってしまい売れに売れなくなってしまう状況でしょう。

こうした原因の一つに、身近な通貨である円を軸に取引きを行っているという部分があり、これを利用して取引きのペアになっている通貨を買って、売るという動きが染みついているという事があるでしょう。

実はFX取引では、買い注文から始める取引と、売りから始める取引と、二通りの取引方法で利益を上げることができ、それが「安く買って高く売る」といういう方法と、「高く売った物を安く買い戻す」という方法になります。
安く買って高く売る方法は、比較的に理解が簡単なのですが、高く売った物を安く買い戻すという感覚に慣れるためには、積極的に売りから始める投資取引に慣れる必要があります。

売り注文からFX取引を行う場合を考えてみましょう。
1ドル100円の為替相場があったとします。この為替相場は今後は下落の方向、つまり円高方向に動くことが予測されています。
この場合は売り注文で新規注文を立てるわけですが、まずFX取引業者から1万ドルの通貨を借りておき、この1万ドルを売って100万円を保持しておきます。
その後、為替レートが下落方向に変動し、1ドル95円の円高になり、先ほどの1万ドルの価値が95万円になることになります。
この状態で、先ほど1万ドルを売って入手した100万円のうちから95万円を使って1万ドルを買い戻し、その1万ドルを取引業者に返却すれば、差し引きで5万円が利益になることになるわけです。

このように、売りから始めるFXを理解できれば、為替レートが上昇していく、円安の方向に動く為替相場だけではなく、為替レートが下降していく、つまり円高方向に動いていく為替相場でも利益を上げることができることになります。

実はFXの最大の強みの一つはこの部分になっており、為替レートの変動幅がありさえすれば、FXではその方向に関係なくどちらの方向に相場が動いても利益を積み上げ続けることができるのです。

こうしたことを利用すれば、たとえば買い注文の取引きを行っていた場合に、万が一相場が荒れそうであった場合には、すぐに売り注文で取引きを立てることで、相場が急転して下降方向に動いたとしても、買い注文をすぐに解消して売り注文で利益を伸ばすことが可能になります。

売り注文と買い注文のそれぞれから立てる取引方法を駆使すれば、単なるリスク回避から発展して、そのまま利益につなげていくことができるために、相場の変動に柔軟に対応しFX取引の利点を最大限に生かすことができるようになるでしょう。

スキャルピングの手法
様々な魅力を持つスキャルピングの手法ですが、批判的な意見も存在します。本来投資というのは現実の経済状況の分析のもと、より適正な市場の実現に寄与すべきものであるとされています。しかし、スキャルピングは短期間のテクニカル分析のみに基づき、無軌道に取引を繰り返します。

このスタイルは見る人によっては投資とはかけ離れたゲーム的な手法に映ることがあり、市場の混乱を招いたり、業者が提供するインフラにダメージを与える行為だという意見が出ることがあるのです。