HP少数派の行動メンテナンスシストレのメリット利益の申告円高乗り切るスマートオプション

思わぬ伏兵!定期メンテナンス

sdfiu88 ここでは口座開設の後に知っておいたほうがよい知識をお伝えしていきます。いずれも為替バカがつまずいて、前もって知っておけばよかったのに!と思った知識ばかりです。まだFX業者に口座開設を申し込んでいない人には、ちょっと早すぎる知識かもしれません。

特別に難解な内容、、、というわけではないのですが、個人的な必要性が感じられず興味を惹かないおそれはあります。

口座開設を終えてボチボチとトレードをしてみて、気持ちの上でも時間的にも一息つけるようになった人は、参考にのために目を通しておいてください。前置きが長くなりました。ここではFX業者の定期メンテナンスのことを説明していきます!

定期メンテナンスがあるとログインできない!?

そうです、、、

FX業者によって違いはありますが、土日や深夜など、時間帯を決めて定期的なサーバーメンテナンスが行なわれることがあります。

この時はログインできません!

たいていの業者でメンテナンスの時間帯には共通性がありますが、トレイダーズ証券を例に挙げると、早朝メンテナンスと週末メンテナンスに分かれます。トレイダーズ証券の早朝メンテナンスは20分ほどで終了するため取引に差し支えることは少ないのですが、週末メンテナンスは日中にたっぷり6時間も続きますので、せっかくの休日に自分のトレードを分析して見直したり、業者の用意した様々なツールを使って研究したい場合は、やる気に冷や水を浴びせられることになります。

定期メンテナンスの周期には一定の傾向があります。大半のFX業者では日曜日と月曜日はメンテナンスを休み、火曜日~金曜日は一定時間のメンテナンス、土曜日はたっぷり時間をかけてメンテナンスするパターンが多いです。

これはめったにない、あっては困ることですが、為替レートの変動している平日の日中にログイン不能のメンテナンスがある業者は、その時間帯は一切トレードができなくなるわけですから、そういったメンテナンスの周期を念頭に置いておかないといけません。

為替バカの場合は、週末に分析をしようと意気込んでログインしようとしたら、、、メンテナンス中だった、ということがありがちでした。自分が利用するFX業者のメンテナンスの時間帯と周期は、前もってチェックし頭に入れておきましょう!

スキャルピングの手法
様々な魅力を持つスキャルピングの手法ですが、批判的な意見も存在します。本来投資というのは現実の経済状況の分析のもと、より適正な市場の実現に寄与すべきものであるとされています。しかし、スキャルピングは短期間のテクニカル分析のみに基づき、無軌道に取引を繰り返します。

このスタイルは見る人によっては投資とはかけ離れたゲーム的な手法に映ることがあり、市場の混乱を招いたり、業者が提供するインフラにダメージを与える行為だという意見が出ることがあるのです。