HP少数派の行動メンテナンスシストレのメリット利益の申告円高乗り切るスマートオプション

FX取引で得た利益の申告の方法とは(確定申告による納税について)

sdklfiu 投資による利益はそれに対して一定の税金を支払う事が義務となっています。それは国内の銘柄に対する投資だけではなく、FX取引で得た利益に対しても税金を支払う事が義務付けられています。

勿論FX取引で年間1万円の利益しか出なかったという人にも納税の必要があるというわけではなく、一定の金額を超えた利益を得た人が申告・納税の対象となっています。

実際には、FX取引はインターネットで行う事ができるようになって以来、サラリーマンだけでなく主婦や学生と職業を問わずに行う事の出来る取引商品として大変な人気を博している投資方法の1つとなっています。

その中で稼ぐ事ができている人はその1割の人数であると言われていますが、それでもこれ程の人気を得ている取引を行っている人に対して1割という人数は、相当な数であると言えるでしょう。

それでもその稼いでいる事実を確定申告していない人も実際には増加しているようです。国内での株式投資ならば証券会社が利益に対する税金は天引きされるので便利なのですが、FXの場合は為替の売買益についてはその都度税金を差し引かれる事はありません。

その為にFX取引によって得た利益については、投資家本人とFX会社しか知らないという事になりますが、会社の方ではいちいち税金のチェックをしてくれません。その為に確定申告をしないで済ませている人が増えて行く原因となっているようです。そんな確定申告をしないで済ませている人の心理とは、「バレないだろう」という事になると思います。それでも国税庁等が国内のFX会社を調査する事で個人の投資の利益について容易に知る事は可能でしょう。

通常「雑所得」に計上されるFX投資での利益については、どんなケースが確定申告の対象となるのでしょうか。それはサラリーマン等の毎月給料等の所得のある方が、年間20万円以上の利益を得た人には雑所得として投資の利益を申告しなくてはいけません。また専業主婦については特に会社からの給与を得ている訳ではありませんが、年間で38万円以上の利益を得た人もその対象となります。

勿論「利益を得る」ということについては、決済前のポジション保有の場合の「含み益」については確定申告の対象にはなっていません。あくまでも確定した利益についての申告という事になります。FXで儲かる人は全体の1割であるという事は、前述の通りですが、確定申告をするだけの利益を出せた事に優越感を感じられるのも良い事と言えるでしょう。

スキャルピングの手法
様々な魅力を持つスキャルピングの手法ですが、批判的な意見も存在します。本来投資というのは現実の経済状況の分析のもと、より適正な市場の実現に寄与すべきものであるとされています。しかし、スキャルピングは短期間のテクニカル分析のみに基づき、無軌道に取引を繰り返します。

このスタイルは見る人によっては投資とはかけ離れたゲーム的な手法に映ることがあり、市場の混乱を招いたり、業者が提供するインフラにダメージを与える行為だという意見が出ることがあるのです。