HP少数派の行動メンテナンスシストレのメリット利益の申告円高乗り切るスマートオプション

少数派の行動を知る

sdfsdfiu FXは誰にでも稼ぐチャンスがありますが、実際に稼ぐことができている人たちは全体の10%ぐらいのいわゆる少数派です。では、少数派の人とそうではない人の行動には何か違いがあるのでしょうか?その行動の違いについて知っておくことが、利益への近道になるはずです。

違いは売買タイミング!

FXで稼ぐことができている人が10%程度ということを知ると、かなり難しいと思う人も多いかもしれません。他の大多数の人は損していることになりますし、実際にFXの取引をしたことがある人ならば、一層難しいと感じるでしょう。しかし、実はFXを始める人の中には、知識をほとんど持たずして取引を始めるという人も少なからず存在しています。

そういう人は結果を出すことが極めて難しいので、成功している人が10%といっても決して不可能な数字ではないのです。では、その10%の少数派の仲間入りをするためには、何をするべきでしょうか?まずは、少数派と何が違うのかということをよく理解するということから始めるべきでしょう。

もちろん、FX取引に関する知識を身に付けることは重要なことです。しかし、稼ぐ人達の行動の違いを理解していなければ、その知識を活かして稼ぐことは難しいはずです。

その行動の違いは一つではありませんが、ここでは大きな違いといえるポイントを一つご紹介します。そのポイントとは、売買タイミングが違うということです。稼いでいる人と稼いでいない人の違いは、エントリーのタイミングや決済のタイミングなのです。

これは、買っている時に売っているというような正反対の取引を行うということではありません。多数派のエントリーのタイミングでは、少数派は決済(利益確定)を行い、多数派の決済(損切り)のタイミングでは、少数派はエントリーを行っているのです。

少数派は多数派の行動を読んでいる?

稼いでいる少数派の人たちは、実は他の稼げていない人たちと同じ時期に売り注文をかけています。

ところが、多数派は決済(損切り)していて、少数はエントリーという差があるのです。ここで利益と損失の差が出てきます。少数派の人たちは、多数派の人の行動を読んでいるかのように絶妙な注文を行っているのです。

今稼げていないのであれば、自分の行動や心理状態をよく分析することで、多数派の行動や心理状態が分かるようになるはずです。多数派の行動や心理状態を把握することができれば、少数派の人たちの行動パターンも分かってくるでしょう。

スキャルピングの手法
様々な魅力を持つスキャルピングの手法ですが、批判的な意見も存在します。本来投資というのは現実の経済状況の分析のもと、より適正な市場の実現に寄与すべきものであるとされています。しかし、スキャルピングは短期間のテクニカル分析のみに基づき、無軌道に取引を繰り返します。

このスタイルは見る人によっては投資とはかけ離れたゲーム的な手法に映ることがあり、市場の混乱を招いたり、業者が提供するインフラにダメージを与える行為だという意見が出ることがあるのです。