HP少数派の行動メンテナンスシストレのメリット利益の申告円高乗り切るスマートオプション

シストレのメリットとは?

sd77fiu シストレ(システムトレード)のメリットはプロが作ったプログラムを用いて24時間取引ができるのが魅力です。シストレには選択型と開発型の2つがあり、難しいのは開発型のほうです。開発型はプログラムを一から自分で作成しなければならず、選択型はプロがプログラムを作っているので、自分で作らなくてもこれまでの取引で経験と試行錯誤を重ねたプログラムを使えるということは、自分でプログラムを組むよりも圧倒的に使える場合が多いのです。いわば、プロと同じ状況でFXを行えるということと同義です。ハイローオーストラリアが魅力の一つでもある、BO取引も最近ではよく取りざたされるようになりました。

FXは24時間取引できるのが最大の魅力ですが、いつもいつも、取引画面の前に張り付いているわけにはいきません。取引自体はいつでも行なうことができますが、人間である以上、生活があるので常に監視をして市場を見ているわけにはいかないのです。

そういったときのためにシストレがあります。選択型、開発型ともにプログラムを作って24時間の監視をすれば、売買のタイミングが来るチャンスをずっと待ち、時が来たら自動注文を行ってくれるような動きをさせることができます。選択型ならプロが作ったプログラムをそのまま使えるので、特にプログラミングの知識がなくても安心です。

■一喜一憂しなくて済む

FXなどの投資は一度体験してみるとすぐにわかると思いますが、感情的になってしまうことがよくあります。人間である以上、我々には感情があります。その感情は「取引したい病」とも言い換えることができますが、感情を抑えないで取引してしまったら損をしてしまう可能性があります。

例えば、損切りをすれば合理的な取引ができるのはわかりますが、あと少し待つことができれば、相場が反転する可能性も出てきて取引をした結果、結局損をしてしまうこともあります。感情のコントロールと取引とは密接な関係があり、コントロールができなくて損をしてしまうケースというのは我々が思った以上に多いのです。

損切りは非常に重要なものだとトレーダーの多くが知っているのに、実際にその場面になるとできなかったりします。人間である以上、そこには必ず感情が絡みますので、機械のように冷静に損切りができる人というのは少ないのです。もちろん、冷静に損切りができればこんなに良いことはないのですが。

そこでシストレの出番です。シストレは売買プログラムを設定していれば、自動トレードを行ってくれるので、感情は問題にせず、冷静に機械的な判断でトレードを行なうことが可能です。プログラム設定時と解除時に感情が入る部分はあるものの、トレード自体はプログラムの使用によって感情的にならずにトレードができますから、FXを初めて間もない方には特に便利な仕組みとなっています。

スキャルピングの手法
様々な魅力を持つスキャルピングの手法ですが、批判的な意見も存在します。本来投資というのは現実の経済状況の分析のもと、より適正な市場の実現に寄与すべきものであるとされています。しかし、スキャルピングは短期間のテクニカル分析のみに基づき、無軌道に取引を繰り返します。

このスタイルは見る人によっては投資とはかけ離れたゲーム的な手法に映ることがあり、市場の混乱を招いたり、業者が提供するインフラにダメージを与える行為だという意見が出ることがあるのです。